翻訳会社の選び方のイメージ
  • 依頼者必見!翻訳会社の選び方

    翻訳を依頼するときに発注者が押さえなければならない2つのポイント

    Frontier編集部

  • MAR 1 2019

翻訳会社選びはなぜ難しいか?

通勤や買い物のように、日々の生活で繰り返しやっていることは慣れているので難しく感じることはありませんが、知らない国に行ったり、新しいことに挑戦したりするときは話が変わります。普段からやってないので知識や経験がなく、どうしても不安になってしまいます。

翻訳を依頼するのも同じです。翻訳は全くと言っていいほど普段の生活には必要ありません。必要が出てくるのは「プレゼン資料の翻訳が必要だ。手配してくれ。」と上司に頼まれたときぐらいです。「えー?翻訳なんか依頼したことないし、どうやって発注するのかも分からないよ。」と心の声が聞こえてきます。“失敗したら...”と一気に不安に襲われてしまいます。

そもそも、失敗の定義は?

翻訳会社選びを難しくするのは、「失敗したくない」という心理です。では、翻訳業者選びにおける失敗とは何か?多くの場合、翻訳が納品されたときに「依頼した翻訳と違う」や「期待していたものと違う」と依頼者が感じることです。“期待を裏切られた感”がその失敗の正体です。

では、どうして失敗するのか?

それではなぜそのような“裏切り”が起きるのか?業者選びに失敗し、私たちに協力を要請した依頼者からヒアリングを行いました。「翻訳を依頼する前に、翻訳業界や翻訳会社の仕組みについて事前のリサーチを行っていますか?」という質問に対し、84%の依頼者が「事前のリサーチをしていない」と回答しています(全員がやっているのは“料金”の比較だけ)。実はここに大きな落とし穴が隠されています。

翻訳会社は全部同じではない

翻訳会社によって変わるのは料金だけと思われがちですが、それぞれに得意分野や特別な技術、独自の翻訳手法を持っています。車で例えると、最高の軽自動車を作る自動車メーカーがあれば、スピードと安定性が世界一のスポーツカーを手掛けるメーカーもあります。もっと言えば、他のメーカーの自動車をただ販売するだけの会社もあります。翻訳会社も映画の字幕や小説などを得意とするところがあれば、ビジネスの現場で必要な契約書やプレゼン資料を他社よりうまくできる会社もあります。対応言語においても同じです。ヨーロッパ言語をメインでやっている翻訳会社があれば、アジア言語に強い会社もあります。それぞれの得意分野を見極めることが翻訳会社選びの最大のポイントです。

その中で一番注意しなければならないのは、「どんな内容も翻訳できます、世界中の言語に対応しています」という業者です。ほとんどの場合、依頼者から案件の受注だけを集めて、翻訳をコストの安い第三者へ流す業者です。この仕組みには多くの技術的・セキュリティー的な問題が潜んでいますので避けた方が賢明です。

翻訳会社の見極め方

翻訳会社の選定にWebサイトが参考になりますが、Webサイトの情報がかなり“誇張”される傾向がありますので、それだけでは足りません。一番いい方法は翻訳会社の担当者と直接話すことです。直接話せば、翻訳に関する疑問や不安を解決できますが、それだけではない。最大のメリットはその業者が翻訳を理解できているかどうかを確認できる点です。言葉を濁したり、その場で回答を避ける場合、クライアントの依頼を他社へ回したりする可能性があります(翻訳の受注だけを請負、翻訳作業をさらに別の業者へ横流しする斡旋業者、いわゆる“ブローカー”、である可能性が高いです)。

依頼を検討している業者と話すときは翻訳の目的やターゲット、求める品質基準を具体的に提示すれば、翻訳会社の担当者も具体的な提案を出したり、必要なプロセスをその場で説明したりすることができます。その説明が分かりやすければ分かりやすいほど、翻訳について深い知識を持っている業者である可能性が高まります。翻訳の知識があれば言葉を濁さず、できること・できないことをハッキリ言ってくれます。「できないことをできる」という不誠実な対応こそが“未来の失敗”の原因です。

話すときのヒント

要望を翻訳業者に伝えるためにも、依頼者自身が品質基準について考えることが重要です。特に以下の点を明確にすることで、説明や交渉がスムーズに進みます:

翻訳のターゲットは誰ですか?

製品の消費者?取引先のクライアント?その内容を熟知している人?内容に馴染みがない人?

翻訳の目的は何ですか?

製品を売ること?製品を周知すること?

どのような印象を与えたいですか?

原稿と同じ印象?それともターゲットに合わせる?

すでに翻訳されているものはありますか?

用語や表現を既存の資料やWebサイトに合わせる必要はありますか?

翻訳会社選びで失敗しないためには翻訳会社を見極めることが重要です。さらに、依頼しようとしている原稿の特徴、目指すゴールを明確にすることも求められます。この2つのポイントを抑えることで、自然とレベルの高い翻訳会社に絞ることができます。依頼者が定めた合格レベルを満たす会社が揃ったら、初めて正確な料金比較が可能です。

私たちは無料の翻訳コンサルティングを行っていますので、翻訳に関する疑問等をお持ちの場合は遠慮なくメッセージください。

見積もりTOP