人間が作る翻訳へのこだわり

翻訳は役に立たなければ意味がない

  • 人間の翻訳と機械翻訳の違い

    手作り料理とインスタント食品のようなものです。味や栄養価値など、全てにおいて天と地の差があります。その違いを知っている人は知っている。気づかない人は何回食べても気づきません。

    味や栄誉価値などを気にせず、早さと安さだけを重視する場合、インスタント食品に軍配が上がります。健康な体作りか、それともその場の飢えしのぎか。状況や目的に合わせて使い分けることも必要でしょう。しかし、使い分けるためにはそれぞれの特長を理解していることが前提です。アスリートが知らずにインスタント食品だけを食べても、いつまで経っても体作りができません。

    Frontierは手作り料理の専門店です。あなたの目的は何ですか?

  • 依頼者と翻訳者の間にある壁

人間の翻訳にこだわる理由

翻訳は通常、商品を売ったり、文章の意味を理解したいという目的があって依頼するものです。「商品を売らなくていい」、「文章の意味はどうでもいい」という理由で翻訳を依頼する人はいないはず。翻訳は何らかの目的を達成させる手段であり、その目的を実現させる翻訳が必要だと考えます。

読者は賢く、形式的な機械翻訳では目的の実現ができません。翻訳でターゲットのニーズを満たしながら、依頼者の目的を実現する。Frontierが人間の翻訳にこだわるのはそのためです。

TOP