“プロがいる本物の翻訳会社”
Frontierを一言で表すとこうなります

Frontierは翻訳からDTPまで、全て自分たちでやります

私たちFrontierは自分たちの手で全ての作業を行います。 最先端の技術を使い、人間にしかできない翻訳を人間が担当し、コンピューターが正確にできるチェックをコンピューターに任せる。これが私たちの理想であり、翻訳会社Frontierの企業理念です。

Frontierの特徴

Frontierは日本を代表するメーカーで活躍していた数名の翻訳者が集まって誕生した翻訳会社です。翻訳者は翻訳言語のネイティブであり、ファイル変換や正規表現など、高度な知識を持つ現場主義の職人です。全ての作業を社内で行いますので、高い品質はもちろん、クライアント・原稿の情報が第三者や他の業者に渡される心配はありません。

商品の魅力を高め、差別化を図る翻訳

汗水を流し、苦労の末ようやく完成した素晴らしい商品。その商品の魅力を100%伝えるために書いた一字千金の文章。しかし他言語にしたとたん単調で平凡な説明に変わり、他社製品と代わり映えしない同じものに見えてしまう。悲劇です。

職人肌の翻訳者は“生みの苦しみ”を誰よりも分かります。生み出した翻訳文は汗と努力の結晶であり、その翻訳が商品と一緒に死んでいくのを見るほどつらいことはありません。Frontierは商品の特徴を汲み取り、原文が伝えたい意図をしっかり表現します。

多能工化で合理的なプロセス

翻訳は多くの場合レイアウト調整等(DTP)を必要とするので、切り離せない業務です。しかし、翻訳とDTPは一般的に分業されるので、全体的に効率の悪いプロジェクトになります。

「翻訳者がDTPもやるって言いたいでしょう?」と思った人、残念です。私たちはその一歩先を進んでいます。Frontierの社員は全員クライアント対応から翻訳、DTPまで全部やる“三刀流”です。全ての業務を担当することでクライアントの要望を正確に理解・反映し、業務の作業効率を高めることができます。Frontierのプレイスタイルは打って・投げて・采配する究極の“全員野球”です。

正真正銘の翻訳会社

日本のほとんどの業者はクライアントから引き受けた依頼を見ず知らずのフリーランス、国内・海外の翻訳会社に横流します。言語と内容によって、中間業者が5社ぐらい登場します。クライアントが信用して仕事を託したのは“翻訳斡旋業者”に過ぎない。

Frontierは社員である翻訳者が対応しますので「正真正銘の翻訳会社」と名乗ることができます。100%内製化だからこそ実現できる高い品質とセキュリティーでクライアントや原稿の情報が外部に漏れることはありません。

しかし、少数精鋭のプロ翻訳者でやっていますので、全ての言語と分野には対応できません。対応できない場合はその旨をハッキリと伝えます。対応できる翻訳と料金・期間等については下記の「お見積もり依頼」からお問い合わせください。翻訳を“雰囲気”で把握している営業担当ではなく、現場の職人がご要望を伺って現実味のある具体的な提案をします。

翻訳に関するお問合せ

Frontierと翻訳に関する相談

お見積り依頼(無料)

料金・納期について