オーダーメイド翻訳

「目的」を重視した翻訳

伝えるべき内容を、伝えるべき人に、伝えるべき方法で

翻訳は何かを実現する“手段”です。「外国人に何かを売りたい」や「海外に情報を発信したい」など、何らかの目的を実現するための手段です。しかし、作った翻訳は悪くなかったものの、「商品が売れなかった」、「発信した情報が読まれなかった」では、翻訳した意味がない。オーダーメイド翻訳とは、“目的の実現”に特化した翻訳方法です。

翻訳の目的を実現するためには、一番重要な「目的」(伝えるべき内容)を決めるところから始めます。次に、「ターゲット」(伝えるべき人)を正確に絞る必要があります。目的とターゲットがはっきりしたら、どのような内容をどのように翻訳すれば一番効果的に伝わるのか分かります。そのカスタマイズされた「翻訳」(伝えるべき方法)で両者により強力なつながりが生まれます。

オーダーメイド翻訳の仕組み
  • 翻訳の効果を最大限に

    商品や企業の個性を余すことなく文章に織り交ぜ、ターゲットが好む形で翻訳することで、商品やサービスがより魅力的に見えます。購買意欲が上がり、依頼者の目的であった売り上げにつながります。

     

    もちろん、商品やサービスが優れていることも必要です。翻訳は奇跡を起こす魔法ではありません。

  • Frontierだからこそできる

    オーダーメイド翻訳をするために緊密な連携が求められるので、依頼者と翻訳者が直接コミュニケーションすることが必要不可欠です。そのため、依頼者と翻訳者の接触を嫌う一般的な翻訳会社には不可能です。

     

    Frontierは翻訳者と直接話せる、信頼関係が築けるからこそ実現できます。

見積もりTOP