機械は人間のように翻訳できない
人間もまた、機械のようにチェックできない

餅は餅屋

ミス?人間ですから

人間が作るものには大小を問わず、必ずと言っていいぐらいミスが起きます。そのミスに気づき・修正し、同じ過ちを繰り返さないように学習して克服していきます。翻訳者も人間です。

翻訳に無限の時間を使うことができれば、ミスのないものを出すことができます。しかし、ビジネスにはスピードが求められ、クライアントを永遠に待たせることはできません。それでは、限られた時間でどうすれば品質の高い翻訳が出せるのか?

Frontierの答え

機械は人間のようにいい翻訳を出すことはできません。人間もまた、機械のように完璧なチェックを行うことができません。では、人間が紡いだ翻訳を機械でチェックするのはどうでしょう?

テレビの工場見学番組で紹介される高速選別機や不適合品を瞬時に判断して飛ばす機械など、誰もが一度は目にしたことがあるはずです。Frontierは最新の技術を駆使して、人間が見落としがちなミスを機械で綿密にチェックしています。

“適材適所”。これが最高の翻訳品質を生み出すFrontierの考え方です。

翻訳に関するお問合せ

Frontierと翻訳に関する相談

お見積り依頼(無料)

料金・納期について