翻訳の見積もりから納品・支払いまでの流れ


翻訳の注文方法や注意点、全体のプロセスなど、最初のお問い合わせからお支払いまでの流れを分かりやすく説明します。

最初の相談から納品・お支払いまでの流れ

1. 原稿を添付して見積もりを依頼する

お見積もりページにアクセスし、翻訳の目的はご希望などを記入のうえ、翻訳原稿を添付してください。私たちはまず原稿を確認して、翻訳できるかどうかを判断します。次に、ご記入いただいたご希望に合わせて、料金と納期を計算します。

2. 必要があれば、打ち合わせで翻訳の詳細を決める

打ち合わせはプロの翻訳者が担当します。深い知識と経験でできること、できないことをはっきり説明します。規模が大きいまたは継続性がある場合、翻訳にいくつかのルールを決めてから開始した方が全体の品質が上がります。打ち合わせでスタイルガイドや用語集の有無、今後の必要性を確認します。

3. お見積もりを確認して、発注する場合はメールで連絡する

お見積もりの料金と納期を確認してください。お見積もり内容で翻訳を実施する場合、メールで発注の旨を伝えてください。正確な納品日を連絡し、翻訳を開始します。

4. 翻訳が納品される

翻訳が完成したらファイルを納品します。内容を確認してください。私たちの不注意によるミス等に関しては、無料で迅速に修正します。

5. 翻訳料金を振り込む

翻訳を納品したあと、請求書を送付します。請求書の内容に従って翻訳料金を振り込むところまでが翻訳依頼のワンサイクルになります。

※初めてのお取引または個人の場合は前払いまたは頭金の振込をお願いすることがあります。

翻訳、翻訳会社と翻訳業界の仕組みをもっと知る

Frontierは翻訳会社や翻訳業界の“なぜ?!”を、独自の視点から考察しています。翻訳会社の選び方や品質が上がらない理由も分かりやすく解説します。

見積もりTOP