インバウンド翻訳とは

インバウンド翻訳は来日観光客をメインターゲットとした観光地、ホテル・旅館等の宿泊施設、屋台から高級レストラン等の飲食店で必要な翻訳の総称です。Webサイトをはじめ、イベントやアトラクションのパンフレット、飲食店のメニュー、ホテルの宿泊約款や設備使用方法など、その内容が多岐にわたります。

インバウンド翻訳の問題点

異質の文化

同じアジアの国であれば共通していることが多いのでそうでもないが、西洋からアジアに入るのは少々勇気が必要です。物事のルールが正反対だったりするし、西側から見て普通ではないものを食べたりしますから。YouTuberではない限り、料理の中身を知らずに注文するのは冒険でしかない。

自己中心的な翻訳

文化が違えば、上記のような捉え方があって当然です。「自分の常識は他人の非常識」というのはまさにこういうことです。にもかかわらず、ほとんどの翻訳がその差異を汲むことなく、自分の常識を押し付けています。結果的に、相手に伝えるべき情報が伝わらない無駄な翻訳です。インバウンドでは、その無駄な翻訳が蔓延しているため、毎日、多くのビジネスチャンスが失われています。

Frontierのインバウンド翻訳

イメージ画像

読み手の心情を大事にした翻訳

外国人のことを一番分かっているのは外国人です。Frontierでは依頼されたインバウンド翻訳を対応するのは外国人翻訳者です。何をどのように伝えるか分かっているからこそ、ビジネスが大きく前進する翻訳を提供できます。

的確なアドバイス

Frontierの翻訳者は長い間日本に住み、ビジネスにおける日本の長所と短所を知っています。外国人観光客をうまく取り込むために長所を伸ばし、短所を克服するための的確なアドバイスも行います。

対応している翻訳

小さな屋台から高級な解析レストランのメニューやWebサイトなど、料理とサービスをあなたが伝えたい通りに伝えます。ペンション、民宿やホテルのWebサイトや料金案内等も、宿泊客から疑問があまり出ないように明確さと分かりやすさを徹底します。大事な宿泊約款もトラブルを防ぐために正確性と分かりやすさを優先します。Illustrator、InDesign形式の観光ガイドやマップなどもお手の物です。レイアウトを確認しながら翻訳します。

料金

文字(日本語などのアジア言語から翻訳する場合)またはワード(英語等から翻訳する場合)単価は原稿の内容、ファイル形式やご希望の品質などによって変わります。下記はそれぞれの目安を伝えるものであり、固定された基準ではありません。

翻訳、翻訳会社と翻訳業界の仕組みをもっと知る

Frontierは翻訳会社や翻訳業界の“なぜ?!”を、独自の視点から考察しています。翻訳会社の選び方や品質が上がらない理由も分かりやすく解説します。

見積もりTOP