飲食店メニュー翻訳のポイント

  • 訴求力

  • 楽しい海外旅行。言葉が通じれば問題ありませんが、現地の言葉が分からなければ様々な壁が出てきます。特に“食”が一番大変かもしれません。とんでもないゲテモノを食べさせられる可能性があるし、言葉が分からないから聞くこともできない

    日本に来る多くの観光客も同じ壁に当たっています。アジアは食の共通点がありますのでそれほどではありませんが、ヨーロッパなど他の大陸から来る人にとって、日本の一部の食材や料理が“ゲテモノ”でしかありません。メニューが分かりにくい翻訳で、日本人は英語できないから聞いたところで答えが返ってこない。結局はコンビニで安全そうなパスタ弁当を食べて難局を乗り越える。

    上記を踏まえると、飲食店のメニューを翻訳する上で「文章だけで料理を正確に伝える」ことが最大のポイントになります。つまり、メニュー翻訳に訴求力が大事です。

問題点

飲食店メニューの多言語化にはWebページ翻訳同様の訴求力が求められますが、対応できる翻訳会社が少ない。主な理由は次です:

手段が目的になってしまっている

客層を広げるためにメニューの翻訳をする訳ですが、翻訳会社にとって“翻訳することが目的”です。翻訳をさっさと処理して、次の案件を取ることが目的になっています。飲食店の“回転数”と同じ考え方です。

翻訳者の情報不足

一般的な翻訳会社では、クライアントの要望は翻訳会社(場合によっては複数の業者)を経て翻訳者に届きます。翻訳者とクライアントは1対1の直接やり取りができず、“伝言ゲーム”のように要望の内容が間違って伝わります。翻訳者も必要なことを直接質問できず、情報が不足したまま間違った翻訳を出してしまいます。

機械翻訳で処理

コストを圧縮し、利益率を上げるため、多くの翻訳会社が機械翻訳を使っています。ポストエディットを行っても、文章は再翻訳レベルで“チェッカー”の報酬も不当に低いので、翻訳の品質は低いままです。

Frontierの飲食店メニュー翻訳

あなただけのオーダーメイド翻訳

翻訳はあなたを表す唯一無二の文章です。使いまわしではなく、ぴったりフィットする翻訳を一緒に作ります。

オーダーメイド翻訳

クライアント・翻訳者が1対1の関係

あなたと翻訳者の間に中抜きや第三者はいません。双方が直接コミュニケーション取れるからこそ、翻訳が要望通りに。

翻訳者の直接対応

人間が最高の翻訳を編み出す

無機質な機械翻訳は使いません。翻訳者はあなたと目標を共有しながら、生き生きとした翻訳で最高のブランドイメージを築き上げます。

人間にしか生み出せない翻訳

メニューの魅力を高める翻訳技術

  • 品質を高める一貫性

    Webサイトと連動しているコンテンツがあっても大丈夫。Web上と実店舗で統一された翻訳を実現します。

  • 独自の用語に準拠

    独自の言葉でアピールしたい?使ってほしい言葉を翻訳に反映しながらマーケティングを強化します。

  • 向上していく品質

    独自のチェックリストで翻訳が好みに合わせてカスタマイズされます。翻訳やればやるほど、品質が向上します。

  • 表現もあなた好みに

    一般的な表現や表記なども好みに合わせて翻訳します。スタイルガイドをお持ちでない場合は作成できます。

  • 頼れる翻訳のプロ

    飲食店メニューの翻訳に詳しくなくても大丈夫。外国人目線で値千金のアドバイスをします。

  • 画像も任せてください

    文章だけではなく、PhotoshopやIllustratorなどの画像を翻訳者が内容とバランスを見ながら直接翻訳します。

料金の目安

翻訳は通常、原稿の「文字数」で計算されます。1文字当たりの単価は文章の内容、ファイル形式やご希望の品質などによって変わります。下記の単価は品質の目安であり(日本語から英語への場合)、固定されたレートではありません。お持ちの原稿の「文字数」×「文字単価」+「消費税」を計算することで大体の翻訳料金が分かります。

より正確な料金や納期をご希望の場合は下記の見積もりボタンから原稿とご希望をお送りください。

  • このオプションの特徴:

    • 低料金で翻訳のベースができます

      訴求力や統一などを考慮せず、単純な翻訳のみを行います。日本語をそのまま翻訳しますので、場合によって観光客に伝わらない場合があります。最初から翻訳するのは大変だけど、全体の仕上げを自分でやりたい場合に最適です。

  • この目安でお見積もりを依頼する
  • この設定を選ぶべき理由:

    • 内容が伝わる翻訳

      料理の中身や入っているものなど、観光客が選ぶときに迷う項目を考慮しながら、不安にさせない翻訳に仕上げます。


    • 注文したくなる仕上げ

      料理を注文させるためには、そのメニューが魅力的に写ることが重要です。外国人の視点から必要な工夫を施します。


    • 手厚いサポート

      初めてのメニュー翻訳でも安心です。やった方がいいこと、変えた方がいいことなどを外国人目線でアドバイスします。

  • この目安でお見積もりを依頼する
  • いつこの翻訳方法を選ぶべきか:

      
    • 食材から調べます

      アレルギーや宗教、思想等の理由で注文をためらう人は意外と多いです。料理に入っている食材や調味料などを調べてから翻訳します。


    • 客層に合わせた翻訳

      客層を徹底的に洗い出し、性別や年齢、嗜好などに合わせた翻訳で高付加価値なメニューに仕上げます。


    • 必要な施策を提案

      日本語と同じレイアウトでメニューを多言語化しても注文が増えない場合があります。外国人目線で必要な対策を提案します。


    • WebサイトやSNSと連動

      独自のWebサイトまたはFacebookやInstagramなどのSNSに飲食店の情報を展開する場合があります。すべての媒体で統一された情報を発信できるよう、翻訳を管理します。

  • この目安でお見積もりを依頼する
TOP