公的書類翻訳

個人情報を守ることがすべて

公的書類翻訳のポイント

  • 機密性

  • 訪れる国によって、ビザ取得に必要な書類は様々です。パスポートや出生証明書、口座の残高など、人に見せたくない情報ばかりです。個人情報のオンパレード。

    しかし、海外に行くためには書類の翻訳は避けて通れません。誰かに依頼しなければなりません。そこで重要なのは、その個人情報の塊を絶対漏らさない機密性と情報セキュリティです。

問題点

個人情報が含まれている文書の翻訳に機密性が重要ですが、その機密性を担保できる翻訳会社が少ないです。主な理由は次です:

再委託による情報漏洩

翻訳会社は人件費のコストを抑えるため、翻訳者を社員として雇いません。あなたの翻訳依頼を受注してから、第三者である個人のフリーランスにその翻訳を再委託します。ここで情報が漏れてしまいます。翻訳者は外国語と文章のプロですが、情報セキュリティに関する知識が乏しく、フリーのプログラムやファイル転送ツールを使ってしまいます。秘密保持契約?交わしたところであなたの損害が回復されることはまずありません。

Frontierの公的書類翻訳

クライアント・翻訳者が1対1の関係

あなたと翻訳者の間に中抜きや第三者はいません。高いセキュリティ環境で原稿の情報をしっかり守ります。

翻訳者の直接対応

翻訳ツールを使った正確な翻訳

手書きだけの曖昧な翻訳はしません。翻訳ツールで人間が見落とすミスを未然に防ぎます。

翻訳ツールを使うメリット

ビジネス文書の品質さらに高める翻訳技術

  • 品質を高める一貫性

    同一原稿はもちろん、関連する契約書やプレゼン資料など、すべての内容が統一されます。

  • 独自の用語に準拠

    一般的な言葉でも独自の“呼び名”が決まっている場合は用語集にまとめてください。その通りに翻訳します。

  • 向上していく品質

    独自のチェックリストで翻訳が好みに合わせてカスタマイズされます。翻訳やればやるほど、品質が向上します。

  • 表現もあなた好みに

    一般的な表現や表記なども好みに合わせて翻訳します。スタイルガイドをお持ちでない場合は作成できます。

  • 頼れる翻訳のプロ

    「相手にこのような印象を与えたいが可能ですか」という課題も、外国人目線で一緒に考えます。

  • 画像も任せてください

    プレゼン資料の文章だけではなく、資料に含まれている画像なども必要に応じて翻訳します。

料金の目安

翻訳は通常、原稿の「文字数」で計算されます。1文字当たりの単価は文章の内容、ファイル形式やご希望の品質などによって変わります。下記の単価は品質の目安であり(日本語から英語への場合)、固定されたレートではありません。お持ちの原稿の「文字数」×「文字単価」+「消費税」を計算することで大体の翻訳料金が分かります。

より正確な料金や納期をご希望の場合は下記の見積もりボタンから原稿とご希望をお送りください。

  • この設定を選ぶべき理由:

    • 最新の翻訳技術を使用した高品質な翻訳

      すべての原稿を翻訳ツールで翻訳し、Frontier独自の技術でヒューマンエラーを最小限に抑えます。


    • 翻訳メモリーで統一された翻訳

      同じファイルでも、複数ファイル間でも、すべての翻訳が正確に統一されます。


    • 企業の色を全面に出した翻訳

      スタイルガイドと用語集通りの翻訳に仕上げることで、企業の色を翻訳に反映させます。

  • この目安でお見積もりを依頼する
見積もりTOP