UI・ソフトウェア翻訳

ユーザービリティとUIの正確な位置把握がカギとなる特殊な翻訳

UI・ソフトウェア翻訳のポイント

  • 使いやすさ

  • ソフトウェアの機能はもちろん大事ですが、同じように重要なのは“ユーザービリティ”(使いやすさ)です。ユーザービリティには操作性の他に、UI(画面に表示されるメニューやボタンなど)の分かりやすさも含まれています。日本語でUIの分かりやすさを追求しても、翻訳が分かりにくいものになったら意味がありません

    多言語版ソフトウェアのユーザービリティを高めるためには、翻訳者がその内容や機能を熟知する必要があります。ソフトウェアを知り尽くしてはじめて、ターゲットユーザーにとって使いやすくて分かりやすい翻訳を編み出すことができます。

  • 位置把握

  • ソフトウェア翻訳の場合、同じ言葉が異なる場所に表示されることがあります。日本語ですべてが同じ言葉になっていることが正解だったとしても、外国語はそうとは限らない(逆の場合もあります)。しかし、翻訳対象文言が入っているファイルからその場所を把握することが難しく、どこを翻訳しているのか分かりません。プログラムが出来上がってから初めてそのミスに気づきます。そこからエンドレスな修正と確認作業が始まります。

    この無駄な時間と費用を回避して、品質を上げるためには、今作業しようとしている箇所を確認しながら翻訳することが不可欠です。

問題点

ソフトウェアを翻訳するためには箇所を把握しながら進める必要があります。また、ユーザービリティを高めるためには開発側との連携も不可欠です。しかし、通常の翻訳会社にはハードルが高いです。主な理由は次です:

適切なツールがない

UIの箇所を確認しながら翻訳するためには、翻訳ファイルを処理し、実際の画面を表示する特別なプログラム(wysiwygタイプ)が必要です。そのプログラムが高く、扱うためには特別な知識も必要なため、持っている翻訳会社・翻訳者はほとんどいません。

再委託によるコミュニケーション不足

翻訳会社はコストを抑え、利益率を上げるため、翻訳者を社員として雇いません。必要な時に使って、使い終わったら捨てるという再委託で動いています。翻訳者と依頼者を会わせる次回以降依頼者が翻訳者と直接取引するため、翻訳が“伝言ゲーム”形式で行われます。伝言ゲームでプロ同士(依頼者と翻訳者)の連携ができないため、翻訳の品質がいつまで経っても上がりません。

翻訳会社の判断ミス

翻訳者は事前にソフトウェアを調べたり、その機能を知り尽くす必要があるため、通常の翻訳と比べてかなり手間が掛かります。しかし、翻訳会社は原価割れの単価で受注して、その不当な単価を翻訳者に押し付けますので、まともな翻訳者が対応することはまずない。

FrontierのUI・ソフトウェア翻訳

ソフトウェア翻訳に必要な技術を使用

なりふり構わず外国語にするのではなく、ストリングの位置を把握しながら丁寧に翻訳します。

翻訳ツールを使うメリット

クライアント・翻訳者が1対1の関係

あなたと翻訳者の間に中抜きや第三者はいません。双方が直接コミュニケーション取れるからこそ、翻訳が要望通りに。

翻訳者の直接対応

人間が最高の翻訳を編み出す

無機質な機械翻訳は使いません。翻訳者はあなたと目標を共有しながら、生き生きとした翻訳で最高のブランドイメージを築き上げます。

人間にしか生み出せない翻訳

ブランド力をさらに高める翻訳技術

  • 品質を高める一貫性

    マニュアルなどの連動コンテンツがあっても大丈夫。統一された翻訳でユーザービリティをさらに高めます。

  • 独自の用語に準拠

    一般的な言葉でも独自の“呼び名”でブランディングを築き上げることがあるでしょう。用語集に沿って翻訳します。

  • 向上していく品質

    独自のチェックリストで翻訳が好みに合わせてカスタマイズされます。翻訳やればやるほど、品質が向上します。

  • 表現もあなた好みに

    一般的な表現や表記なども好みに合わせて翻訳します。スタイルガイドをお持ちでない場合は作成できます。

  • 頼れる翻訳のプロ

    ソフトウェア翻訳に詳しくなくても大丈夫。基本のキから突っ込んだ内容までしっかりサポートします。

見積もりから納品までの流れ

料金の目安

翻訳は通常、原稿の「文字数」で計算されます。1文字当たりの単価は文章の内容、ファイル形式やご希望の品質などによって変わります。下記の単価は品質の目安であり(日本語から英語への場合)、固定されたレートではありません。お持ちの原稿の「文字数」×「文字単価」+「消費税」を計算することで大体の翻訳料金が分かります。

より正確な料金や納期をご希望の場合は下記の見積もりボタンから原稿とご希望をお送りください。

    • 素早い完成

      ソフトウェアが最新の技術で翻訳されるため、一般的なやり方より合理的・より効率良く翻訳が進みます。無駄を徹底的に省くことで、納品後の修正が圧倒的に少なくなり、ソフトウェアを通常より素早くリリースできます。


    • 納品後の修正はほとんどありません

      納品後のエンドレスな修正がなく、予想外のやり取りに時間を取られることはありません。


    • 手厚いサポート

      翻訳ファイルなどはコンピューターで整理・管理されますので、特定のUIをすぐ見つけたり、変更したりできます。

  • この目安でお見積もりを依頼する
TOP